クンツァイト

純粋さと無償の愛を象徴するライラック・ピンクの宝石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クンツァイト

クンツァイト パワーストーン意味・効果

クンツァイト画像

クンツァイトは、見返りを求めない無償の愛を教えてくれる石です。
自分への愛を教えてくれるのがローズクォーツだとすれば、他人へ愛情を注ぐことの大切さを気づかせてくれるのが、クンツァイトです。
広く思いやりの心を養ってくれますので、人への批判的な気持ちを抑制し、コミュニケーションを豊かにしてくれるでしょう。やわらかなエネルギーで、人間性を高め、成熟した大人の女性らしさを引き出してくれるともいわれています。

過去の恋愛で傷ついた経験があると、どうしても次の一歩を踏み出せず、未来をネガティブにとらえがちです。クンツァイトは、その傷ついたネガティブな感情や愛への不信感をなだめ、心を前向きに導いてくれるでしょう。
また、無意識なトラウマによる不安や恐れをやわらげ、心からの純粋な愛を表現できるようにしてくれるのです。新しい愛に踏み出す勇気をもたらし、純粋な気持ちを呼び覚まし幸せな道しるべを示してくれるでしょう。

さらに、アクセサリーとして身につけたりすることで肉体と精神、感情のバランスを保ち安定させてくれます。忙しい生活をおくっている人や蓄積したストレスに負けそうな人にお勧めのパワーストーンです。

またクンツァイトは、穏やかな癒しのパワーばかりだけではなくインスピレーションやクリエイティブな力を高めてくれるといわれています。表面を走る タテ方向の条線トルマリンやアクアマリンなどにも見られる特徴ですが、これらは、ハイオクターブなエネルギーの流れを表しています。

クンツァイト 石物語・伝説・言いつたえ

クンツァイトは、1902年にアメリカのカリフォルニア州で発見された比較的新しいパワーストーンです。

語源は、アメリカの高名な宝石学者『クンツ博士』に由来するといわれています。
カリフォルニア州で発見されたことから、またの名を『カリフォルニア・アイリス』とも呼ばれます。
(ちなみに語源となったクンツ博士。
実は、あの『ティファニー』宝石店の顧問であったそうです。)

クンツァイトは、『スポデューメン』(鉱物名)の一種とされ、特にピンク色のものをいいます。
スポデューメンの語源は、ギリシャ語で『燃えて灰になる』という意味に由来します。
これは、この鉱物は加熱すると著しく熱発光するため、そのように呼ばれているのです。
クンツァイトの清楚なライラックピンク。
『無限の愛・純粋さ』を象徴するとされるクンツァイトは、慈愛にあふれた気品と風格を漂わせています。

クンツァイトのヒーリング効果

○無条件の愛
○深い安らぎ
○慈愛の精神
○感情のバランスを安定させる
○母性
○芯の強さを強める
○人間関係を良くする
○ものの見方、価値観を変える
○信頼を得る

クンツァイトの色/カラー

色はピンク、バイオレット、グリーン、イエローなど非常に変化に富み、特にグリーン(ヒデナイト)は希少価値の高い宝石として評価されています。
クンツァイトは、そのピンク色を強めるために照射や加熱処理が行われることがあるそうです。

クンツァイトの浄化・お手入れ

硬度は6.5~7.5と高めですが、一方向に割れるへき開性のため、縦に割れやすい性質をもっています。そのため、衝撃に弱く、宝石加工や洗浄には注意が必要です。
衝撃に弱いので、強い力を与えないでください。宝石としての価値が高いため、流水による浄化は避けたほうが良いでしょう。月光やクラスターで浄化してください。

クラスターセージ太陽光月光浴水
××

クンツァイトの主要原産地

主にブラジル、マダガスカル、アメリカ、アフガニスタン等から産出されます。
特にマダガスカルでは、大粒で色の濃いものが近年多く産出されています。

フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

クンツァイトはスポデューメン(リシア輝石)のピンク色のものいいます。

花崗岩質ペグマタイトに、レピドライト(リチア雲母)やエルバイト(リチア電気石)などリチウムを含有する鉱物とともに産出されることがよくあります。

クンツァイトは、大きな結晶が産出するのが特徴です。
単斜晶系に属した塊状でもみられ、柱状結晶の場合は、垂直軸に特有の平行な条線や溝があることが多く、また、へき開性のある塊として産出したりもします。

一方向に割れやすい『へき開性』が強いため、宝石としてカットされることはあまりありません。

見る角度によって色の濃さが変わる多色性もあり、カットする時は一番濃いピンクをテーブル面からよく見えるようにします。

このピンク色は、含有したマンガンに起因し、時間がたつと薄くなってしまうという褪色性があります。

スポデューメンのなかでもピンク色のものを『クンツァイト』、含有したクロムによる緑色を示すものを『ヒデナイト』、黄色は『トリフェーン(イエロー・スポデューメン)』と呼ばています。
(詳しくは、下記に記載した各項目をご覧ください。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Kunzite
和名
リチア輝石(リチアきせき)
組成
LiAl[Si2O6]
ピンク、バイオレット、グリーン、イエローなど。
結晶系
単斜晶系
硬度
6.5~7
比重
3.03~3.23

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

この石を使った効果的な組み合わせ

持ち主に「気づき」を与えてくれる

アマゾナイト

クンツァイト

お互いが共感出来る力を高める

ラリマー

クンツァイト

子育てで受ける心身のダメージを癒す

クンツァイト

ピンクオパール

子育てや介護に疲れている方に

クンツァイト

アメジスト

インカローズ(ロードクロサイト)

心と身体のストレスを同時にケア

アメジスト

クンツァイト

インカローズ(ロードクロサイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座