ルビー

勝利と情熱を象徴する石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルビー

ルビー パワーストーン意味・効果

ルビー画像

鮮烈な華やかさを持つルビーは宝石の女王とも呼ばれ、情熱的で官能的な艶やかさを秘めています。赤い石と言えばルビーを連想する人も少なくないでしょう。燃えるような赤色が力強い生命力を感じさせ、7月の誕生石としても有名です。

ルビーは、古くから勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石として、権力の象徴として扱われてきました。
女性に人気のある石ですが、持ち主を守り勝利を呼び込むお守りの力としては随一で、男性でも商談力、前向きなエネルギーが必要な営業マンや実業家などにもオススメで、仕事運や金運財運を狙って身に着ける人も少なくありません。
また、健康と幸運を招き、邪を遠ざけるお守りの石として、世界各国で愛され続けている石の一つでもあるのです。

肉体、精神の両面においてエネルギー的な活性作用の強いルビーですが、身に着ける人にとっては強壮剤的な働きをし、根源的な生命力を高める効果が期待できます。
恋愛や仕事に対するアクティブなエネルギーだけではなく、性的な高揚感や魅力を高める力もあるとされています。仕事で成功したい人はもちろんのこと、強い心を持ちたい人、恋愛で良きパートナーを探している人や良縁を引き寄せたい人、何かにチャレンジしたい人に力を与えてくれると言われています。
第一チャクラを強化、活性化させる為にルビーは非常にオススメで、慢性的なエネルギー不足を感じていたり、慢性的に冷え症、精神面での不安定感、人生について常に不安を抱えている方にとっては、ルビーは根源的な人生を立て直す為の土台になってくれるような力強さを持つと言われています。

ルビー 石物語・伝説・言いつたえ

名前の由来は、ラテン語で赤を意味する「Ruber」 からきています。
古い歴史を持つルビーですが、昔は王侯貴族だけが身に着けられる高価で特別な石とされてきました。
今のような鑑別技術を持たない時代に、ルビーと呼ばれていた物の中には、実はルビー以外の石も多かったと言われています。
有名なものでは、イギリスの王冠を飾る「ブラックプリンスルビー」が、実は「スピネル」であり、この二つの石は歴史的に混同される事が非常に多かったようです。

 

古代ローマでは、ルビーには「軍神マルスが宿る」と信じられてきました。
力と情熱、行動力を高めるほか、色を変えて持ち主に危険を知らせてくれるルビーを、兵士たちは戦場へ向かう際にこぞって身に着けたと言われています。
ルビーが「勝利の石」と言われているのは、こういった言い伝えから来ているとされています。

ルビーのヒーリング効果

○勝利を呼ぶ石
○情熱を高める
○生命力を高める
○恋愛における積極性を高める
○カリスマ性を高める
○意志と精神力を強める
○組織、チームワークを固める
○金運

ルビーは血液、生殖器系統の動きを活発にする効果を持つと言われています。
また、血液の浄化や循環を高めて、冷え性・貧血・低血圧・月経閉止など、血液に関係する症状の改善の他に精神料や集中力を高めるとされています。

ルビーの色/カラー

加熱や放射線を加えることで色を際立たせたり、全く別色に変化させたり、不透明な石を問う目途の高い石に変える処理が行われます。
これによって人工ルビーも数多く合成されています。

ルビーの浄化・お手入れ

太陽光による退色の恐れがあるため、あまり長時間日光に当てない方が良いでしょう。
しかし、長期間暗がりに置いておくのも良くないので、定期的に明るい場所に出すことをおすすめします。

クラスターセージ太陽光月光浴水

ルビーの主要原産地

ミャンマー、タイ、スリランカ、マダガスカル、タンザニア、ケニア、ベトナム、カンボジア、アフガニスタン、パキスタン、インド、ロシア、中国、コロンビア、ネパール

鉱物学

母岩によっては、クロムの代わりにチタンやイオンなどの不純物成分が取り込まれ、黒味や紫味を増します。ルビーが産出地により色の違いが現れるのはそのためです。
美しい赤の発色原因はクロムで、理想的な色のルビーをピジョンブラッドと呼びます。ルビーは、さまざまな種類の岩石の中で成長します。

ルビーはダイヤモンドの次に硬いコランダムという鉱物グループに属する石で、色が赤いものをルビー、それ以外のカラー全てを「サファイア」 と呼びます。
ルビーやサファイアの総称であるコランダムは、ダイヤモンドの次に硬度の高い石として知られており、赤く透明な宝石の中でも最も高貴なものがルビーです。

高い評価を受けるルビーの色は、絵の具の赤というよりも三原色のマゼンタに少し近いものです。
ルビーの美しい赤色は、七色をなす可視光から、中~短波長成分を選択吸収するものだけではありません。
波長成分の光を吸収した上で、赤い蛍光を発して積極的に赤色をなすことが確認されています。

このため、短波長成分に富む蛍光灯や白色LEDの光のもとでも、赤いガーネットみたいにくすむことがないとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Ruby
和名
紅玉・こうぎょく
組成
Al2O3
赤色
結晶系
六方晶系(三方晶系)
硬度
9
比重
3.99~4.05

フォールスネーム

なし

そっくりさん

なし

この石を使った効果的な組み合わせ

小悪魔度をUP

ピンクオパール

ルビー

女性の魅力を高める

ルビー

ペリドット

ルビーの高品質アクセサリー

ルビーの原石アイテム

ルビーのデザインアクセサリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加