ガーネット

変わらぬ愛情と深い絆をもたらす"実りの象徴" 1月の誕生石です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガーネット

ガーネット パワーストーン意味・効果

ガーネット画像

1月の誕生石としてよく知られるガーネットは、『実りの象徴』とされ、目標に向かい、コツコツと積み上げてきた努力の成果を実らせて、成功へと導いてくれるといわれています。

受験や就職など、目標のために努力し頑張っている人のサポートをし、力を貸してくれるでしょう。そして、その努力が無駄ではなかったということをガーネットが教えてくれるはずです。

どんな困難や大きな課題を前にしても、持ち主に忍耐力を与えて前向きに乗り越えるようサポートしてくれる石でもあります。意思を強くしたいと願う人が身につけることで、精神力を強めて勇気を与える作用があるといわれています。叶えたい夢や願望を見失ってしまいそうな時、初心の情熱を呼び起こして、揺るぎない信念をもたらしてくれるでしょう。

また、この『実り』の効果は、恋の成就にも手を貸してくれます。古い伝承では、大切な人との別れに再会の誓いとしてガーネットを贈りあったり、友情の印とされたりなど、深い 『絆(きずな)』として表現されることもあるようです。それゆえに、大切な人との愛情を深める『一途な愛』を象徴するパワーストーンとも言えるでしょう。
大切な人との不変の愛を願う人は、アクセサリーとして身につけると良いとされています。

ガーネット 石物語・伝説・言いつたえ

名前の起源は、ラテン語で『種子』という意味の『granatus』に由来するとされるガーネット。
日本では、ざくろに似ていることから『ざくろ石』と呼ばれます。

ガーネットは、古くから世界各地で『神聖な石』として崇められ大切に扱われてきたといわれています。

大々的に使われ始めたのは、ヘレニズム時代。
中央アジアまで東方遠征したアレキサンダー大王は、インド産のガーネットを自国まで持ち帰ったといわれています。

ローマ時代になりガーネットの人気は衰退したのですが、中世期になり、パイロープと呼ばれる血のように真っ赤なガーネットの発見により、ふたたび人々に愛好されたと伝えられています。

古代エジプトでは、特別な彫刻を施したガーネットを強力な護符として崇め、ユダヤ教の祭司は、真理を得る石として身につけていたといわれます。

中世ヨーロッパ時代ではこの石が示す赤色が『一族の血の結束』を表すとして王家の紋章として尊ばれてきました。

1月の誕生石としても有名なガーネットですが、『信頼と愛の石』としてロマンティックな伝承が残されている石でもあります。

ガーネットのヒーリング効果

血液の流れをスムーズにして、身体中に酸素と活力をいきわたら せ、体内の老廃物を排出させる力があるとも伝えられています。

ガーネットの色/カラー

色彩は、濃い暗赤色や褐色を帯びた赤色、黒色があります。
ちなみに、純粋なものは紫色を示します。
濃い色のアルマンディンは、底面を裏側からくりぬいて光を通し色を明るく見せることもあります。

ガーネットの浄化・お手入れ

水にも紫外線にも強いのが特徴です。
クラスター、セージはもちろん、流水や太陽光での浄化もお勧めします。

クラスターセージ太陽光月光浴水

ガーネットの主要原産地

インド、ブラジル、スリランカ、タンザニア、マダガスカルなどから産出します。
アルマンディンの多くがインド産とされています。

鉱物学

1月の誕生石としても良く知られるガーネット。日本では、ざくろに似ていることから『ざくろ石』と呼ばれます。名前の起源は、ラテン語で『種子』という意味の『granatus』に由来するとされます。古くから世界各地で『神聖な石』として崇められ大切に扱われてきました。

大々的に使われ始めたのは、ヘレニズム時代。中央アジアまで東方遠征したアレキサンダー大王は、インド産のガーネットを自国まで持ち帰ったといわれています。

ローマ時代になりガーネットの人気は衰退したのですが、中世期になり、パイロープと呼ばれる血のように真っ赤なガーネットの発見により、ふたたび人々に愛好されたと伝えられています。古代エジプトでは、特別な彫刻を施したガーネットを強力な護符として崇め、ユダヤ教の祭司は、真理を得る石として身につけていたといわれます。中性ヨーロッパの兵士達は戦場に赴く際に、この石を身につけたそうです。血を象徴するガーネットを身につける事で、ケガから身を守り、生きて帰ることが出来ると信じられたからです。

「ガーネット」という名称は、実は一つの鉱石名ではなく、類似した科学組織の「鉱物グループ名」になります。

代表的なのは、「アルマンディン」と呼ばれるガーネットです。アルマンディン・ガーネットは、全体的に濃く黒っぽい赤みを示します。たいていは不透明か半透明ですが、稀に産出する透明のアルマンディンは強い輝きを放ちます。

和名を「鉄礬柘榴石(てつばんざくろいし)」と呼ばれ、この"鉄礬(てつばん)"とは、主成分である鉄とアルミニウムを示します。ガーネット雲母片岩などの広域変成岩中に産し、等軸晶系に属した斜方十二面体などの結晶のほか、粒状や塊状で発見されることがあります。

アルマンディンは、高い比重のわりに砕けやすいのが特徴で、ルチルやアンフィボールの針状インクルージョンを含有するものは、カボションカットすると4条のスター効果を示すことがあります。古くは、薄くスライスしたものを寺院や教会の窓にはめ込んだり紙やすりの研磨剤として用いられてきたと伝えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Garnet
和名
柘榴石(ざくろいし)
組成
Fe2+3Al2(SiO4)3
濃い暗赤色や褐色を帯びた赤色など。
結晶系
等軸晶系
硬度
7.5
比重
3.95~4.25(含まれる成分により変わる)

フォールスネーム

《カンディ・スピネル》 スリランカ産のアルマンディンをこう呼ぶことがあるそうです。 《フォールス・ヒヤシンス》 意味は『偽物のジルコン』。 濃い赤色をしたジルコンに例えられたといわれています。

そっくりさん

ロードライトとそっくりのアルマンディンがあり、見間違われることがあります。

この石を使った効果的な組み合わせ

ここ一番で踏ん張れる力を与える

ガーネット

トルマリン

大きな幸運をもたらし、負の力から守る

アマゾナイト

ガーネット

肉体面から落ち込みを癒す

アメジスト

ガーネット

受験本番でエネルギーを活性化

ガーネット

ターコイズ(トルコ石)

血液に力を与えて生理を安定させる

ガーネット

アパタイト

恋愛の情熱を高める

ガーネット

インカローズ(ロードクロサイト)

男性の自信を高める作用を持つ

カーネリアン

ガーネット

遠く離れた二人の絆を確かめる

ガーネット

ターコイズ(トルコ石)

ムーンストーン

恋愛関係を発展させてくれる

ガーネット

カルセドニー

身体の免疫力を高める

アンバー(琥珀)

ガーネット

気になる人との距離を縮めたい

ガーネット

カルセドニー

子どもを授かるベストストーン

ブラッドストーン

ガーネット

アパタイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加