イシス

喜びや希望を見出す石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イシス パワーストーン意味・効果

イシスクリスタルのイシスとは、エジプト神話の女神を元にした名前で、女神イシスは豊穣(ほうじょう)を司り「権力や支配」のエネルギーとも関係する事から、時の権力者たちから愛された女神でもあります。

女神イシスの名前が付けられたイシスクリスタルは、まず身体エネルギーの中で「受容」をつかさどる女性性の回復をうながします。生きていれば必ず起こるネガティブと思える出来事や、それから生まれる重い感情も、自身の人間性の成長の機会として受け入れ、味わって昇華し、これからの人生においてより良く使っていける体験として、その状況から喜びや希望を見出すサポートをしてくれるのがイシスクリスタルです。

イシス 石物語・伝説・言いつたえ

イシスは、エジプト神話の女神イシスから名付けられたクリスタルです。主にナイル川デルタ地帯の女神であり、ナイル川が氾濫するたびに上流の栄養を含んだ土が流れ出し、流域に肥沃(ひよく)な土壌を作りだしていることからも、変容と再生、豊穣をつかさどる女神として古代より人々からあがめられてきました。
イシスは、そのような女神イシスの特徴を内包したクリスタルといえます。

イシスのヒーリング効果

○人生に豊かさをもたらす
○傷ついた心を癒す
○喜びを見出す心を養う
○潜在能力の開花
○女性性エネルギーの癒しと回復

イシスクリスタルの大きな特徴として、石先端の側面に「イシスフェイス」という五角形の面が現れます。数秘学で「5」という数字は「変化・成長」という意味合いを持ちます。「安心・安定」という数秘「4」の世界を手放し、心身や精神が成長し、「愛・調和」という本来の魂の安住の地である数秘「6」の意味する世界へと移行する際に必ず通る道です。成長には、自身の日常に変化という切れ込みが必要になります。それを傷としてとらえて執着し、その状況に留まってしまわないよう、イシスは次の行動へのインスピレーションと情熱を取り戻すヒーリングのエネルギーを補います。
また五角形の面は五芒星として、陰陽五行説の「木・火・土・金・水」の意味合いでも受け取られます。これは古代中国で生まれた自然哲学の五行思想が元になったもので、5種類それぞれの元素は互いに繋がり、影響しあい、そのバランスによって状況の変化、安定が訪れ、万物エネルギーが循環するという考えです。イシスはまた、そのような豊かなサイクルを生み出す錬金術のエネルギーを与えてくれるクリスタルでもあります。

イシスの色/カラー

イシスは、イシスクリスタル、イシスクォーツ、和名でイシス水晶とも呼ばれ、水晶と同様、無色透明から白、灰色、灰褐色などの色をしています。丈夫なので、水や紫外線を気にせず身に付け保管できます。パワーストーンを初めて持つ人でも扱いやすい石です。

イシスの浄化・お手入れ

イシス自体に浄化作用があるので、特別なお手入れをする必要はありません。

イシスの主要原産地

ブラジル、マダガスカル、アメリカなど

鉱物学

イシスは、水晶(クォーツ)の中の形状的種類の1つとして分類されます。レムリアンシードクリスタル、カテドラル、ファントムクォーツなどもこの種に含まれます。イシスの特有な形状として、クリスタル側面に底辺から短い2編とそこから長い2編で構成される5角形の面があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Isis Crystal
和名
イシス水晶
組成
SiO2
無色透明から白、灰色、灰褐色
光沢
ガラス光沢
結晶系
六方晶系
硬度
7
比重
2.65

フォールスネーム

なし

そっくりさん

イシス自体が水晶の一種のため、その他無色透明、白色系の水晶(カテドラル、レムリアンシードなど)と間違いやすいでしょう。見極めの特徴は、イシス特有の石先端側面の五角形の面です。水晶全体で間違われやすいのが、トパーズです。無色透明のため、水晶にとても良く似ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加