ジンカイト

創造力を高める石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジンカイト

ジンカイト パワーストーン意味・効果

ジンカイト画像

透明感のある強烈なオレンジ色は不死鳥のようなイメージで強い生命力を感じさせます。

ジンカイトのヒーリング効果

○個性や直観力を高める
○創造力を高める
○無気力状態から回復する
○人間関係のトラブルを解消する
○集団生活にうまくなじむ
○復活を象徴する

ジンカイトの浄化・お手入れ

柔らかく、割れやすい性質を持つ石なので、取り扱いには十分気をつけましょう。

クラスターセージ太陽光月光浴水
××

ジンカイトの主要原産地




ナミビアのツメブ鉱山


フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

ジンサイトとも呼ばれるジンカイトは、酸化亜鉛でできた鉱物です。屈折率が高く、ダイヤモンド光沢と呼ばれるほどの輝きを放ちます。名前の語源は、主要成分である亜鉛を意味するジンク(Zinc)に由来します。

現在は、ナミビアのツメブ鉱山が主な産地となっていますが、蛍光鉱物を含む天然の大きなものは、1988年に閉山したアメリカ・ニュージャージー州のフランクリン鉱山で産出されたものが唯一となり、非常に希少であるとされています。
フランクリンは、”世界の蛍光鉱物首都”とも言われ、フランクリンの大理石地帯と呼ばれる蛍光鉱物を多く産する場所があり、ジンカイトもそこから産出されました。

250種類以上の鉱物が産出し、このうち56種類が蛍光鉱物です。蛍光鉱物とは、紫外線ライト(ブラックライト)、エックス線、電子ビームなどの不可視光線をあてると、その光のエネルギーを可視光線の光エネルギーに変え、発光する鉱物のことを言います。ジンカイト自体はほとんど蛍光しませんが、鉱石中に共生している鉱物の中には、赤色のカルサイト、黄緑色のウィレマイト(珪亜鉛鉱)、黄色なエスパーアイト、青紫色のハーディストナイトなど蛍光を発するものが多いです。

現在市場に出回っているもののほとんどが、亜鉛塗料の工場での亜鉛の精製などの事故や亜鉛鉱山の火災によって、偶然に作られた半人工結晶です。天然のジンカイトと見分けるために、ポリッシュ・ジンカイトと呼ばれたりします。

最近、天然のナイジェリア産というジンカイトが市場に出てきたようですが、その真偽はさだかではありません。
人工のものを天然と偽るものも多く、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Zincite
和名
紅亜鉛鉱(べにあえんこう)
組成
ZnO
結晶系
六方晶系
硬度
4~4.5
比重
5.68

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座