アゲート(めのう)

願望実現の石・子宝に恵まれる石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アゲート(めのう)

アゲート(めのう) パワーストーン意味・効果

アゲート(めのう)画像

基本的なアゲートのエネルギー的個性としては、結びつきを強め、グループなどのまとまりを強くする為に有益な石です。

微細な石英の結晶が集まってできた石だということがエネルギーに大きな影響を与えているのでしょう。

アゲートは多様な模様を持つ石であり、亜種として天眼石と呼ばれるものやブルーレースと呼ばれるものなどがあります。これらは色はもちろんですが模様がエネルギーに与える傾向が強いようで、通常のアゲートもその意味で多様なエネルギーを持つ石とも言えます。

スライスにしたアゲートのジオードで、中に細かい水晶の結晶ができているものについては、オーラの 穴を塞ぐ力があると言われ、心に大きなダメージを受けた時など、これを胸の上に置いておくと、心身共に良いヒーリングになるそうです。

アゲート(めのう) 石物語・伝説・言いつたえ

日本では、『瑪瑙(めのう)』と呼ばれます。

アゲートは微細な石英の結晶が集まってできた石で、カルセドニと基本的に同じ鉱物なのですが、色むらが少なく一定のものをカルセドニ、縞などの様 が存在するものをアゲートと呼んで区別しています。

先にも書いたように、アゲートは微細な石英の結晶の集合体なので目に見えないくらいの小さな穴が無数に存在します。その為、イオン溶液を浸透させて焼き付ける 染め方でとても美しく染まります。
中には驚くほど美しく、芸術的に染まったアゲートも存在します。

パワーストーンとしての力は染めや加工がされると弱くなると思われている方も多いようですが、一概にそうとも言えず、染めた方がその石の特性が出やすいという場合もあります。
染め方にはよりますが、アゲートは染めた方がエネルギー特性がはっきりする石の代表的存在です。

アゲート(めのう)のヒーリング効果

○人間関係の結びつきを強める
○グループなどの作業に良い
○心身のバランスを整える
○肉体の癒し、修復
○精神的傷の修復
○家族関係を良くする

アゲート(めのう)の色/カラー

白色、灰色、褐色、赤色、黄色、青色、緑色、青色、黒色。

アゲート(めのう)の浄化・お手入れ

アゲートは種類が多く、中には紫外線に弱いものがあります。
クラスター、セージでの浄化もお勧めします。

クラスターセージ太陽光月光浴水
×

アゲート(めのう)の主要原産地

ブラジル、ウルグアイ、ギリシア、インドなどで産出される。

フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

日本では、『瑪瑙(めのう)』と呼ばれます。

アゲートは微細な石英(quartz 水晶)の結晶が集まってできた石で 、岩の空洞や割れ目に入り込んだ地下水から形成されます。とカルセドニと基本的に同じ鉱物なのですが、色むらが少なく一定のものをカルセドニ、縞などの様 が存在するものをアゲートと呼んで区別しています。

シチリア島にあるアカーテ(acate)という川のほとりで発見されたことから、アゲートと呼ばれるようになりました。アゲートは、打ち砕くと鋭利 な割れ口が生じるので、太古の時代には、世界中で石器の材料に使われました。ローマ時代では、硬くて繊細な線や溝が彫れることから、カメオや印章に使われ ました。

アゲートは微細な石英の結晶の集合体なので目に見えないくらいの小さな穴が無数に存在する為、イオン溶液を浸透させて焼き付ける染め方でとても美しく染まります。中には驚くほど美しく、芸術的に染まったアゲートも存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
agate
和名
瑪瑙(めのう)
組成
SiO2
白色、灰色、褐色、赤色、黄色、青色、緑色、青色、黒色。
結晶系
六方晶系(潜晶質)
硬度
7
比重
2.57~2.64

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

この石を使った効果的な組み合わせ

病気療養時に!回復をサポートする

アパタイト

アゲート(めのう)

身体を温めエネルギーを高める

カーネリアン

アゲート(めのう)

アゲート(めのう)の高品質アクセサリー

アゲート(めのう)の原石アイテム

アゲート(めのう)のデザインアクセサリー

  • 勾玉 お守りストラップ<レッドアゲート&ミルキークォーツ>→商品を見る
  • pietra〜ピエトラ〜ブレスレット<ヘマタイト&ジェイド(染め)&アゲート(染め)> 175→商品を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座