ケーツーブルー(K2ブルー)

意識の最深部へと働きかけ、能力を開花させる最高の霊石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケーツーブルー(K2ブルー)

ケーツーブルー(K2ブルー) パワーストーン意味・効果

ケーツーブルー(K2ブルー)画像

K2ブルーと呼ばれるこの石は、その名前の通りカラコルム山脈にある山・K2より採掘された、白地をベースに黒色の斑模様が浮かび、さらにそこに入り込んだ鮮やかな青のスポットが魅力的な色彩を付け加えた石です。
K2ブルーはアジュライトを含む花崗岩であることから、アジュライトの持つ超能力を開発する力や、第三の目と呼ばれる第6チャクラ、宝冠と呼ばれる第7チャクラに対して作用する力を、非常に強く持つ石なのだそうです。
スピリチュアルな能力を開花させることで洞察力を高め、人生に待ち受ける様々な出来事が持つ本当の意味を悟り、理解させていく力に優れていると言われています。

また、持つ人の意識体の最深部を刺激して覚醒させ、過去生を思い出すきっかけをもたらし、そこで魂の繋がりがあった人たちとの精神的な繋がりを強化させるように働きかけます。
言葉にせずとも通じ合える・理解し合えるといった以心伝心の関係を築き上げ、深層部で繋がり会える関係性へと導いていくのだそうです。

ケーツーブルー(K2ブルー) 石物語・伝説・言いつたえ

○以心伝心の関係を築き上げる
○精神的な繋がりを強化させる
○最強のヒーリングストーン
○頭をクリアにする
○自立心を促す
○実行力をもたらす
○直感力を高める

ケーツーブルー(K2ブルー)の色/カラー

白色や灰色をベースに黒色や青色の斑模様

ケーツーブルー(K2ブルー)の浄化・お手入れ

クラスター、セージ、太陽光、月光浴での浄化に適しています。

クラスターセージ太陽光月光浴水
×

ケーツーブルー(K2ブルー)の主要原産地

パキスタン北部カラコルム山脈のK2のでのみ産出される貴重な石

フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

K2ブルーは、ヒマラヤ山脈の西端に存在する、カラコルム山脈にある山【K2(ケーツー)】よ
り採掘された、世界でここにしかない鉱物です。
K2エベレストに次いで世界第二位の標高を誇り、登山は世界一難しいと言われている、人を寄せ付けない厳しさを持った山です。そのため、K2ブルーを採掘すること自体も困難で、流通量もごく僅かです。

ベースとなっている白地の部分は石英と長石、黒い部分は雲母から成り立つ花崗岩です。
そして青い部分は、アジュライトになります。
花崗岩自体は決して珍しいものではなく、世界各地で見られる岩石ですが、ここにアジュライトが入り込んでいるということが非常に珍しいことなのです。
K2だけの非常に珍しい環境下で生成された、特殊な石だといえるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Azurite(青色部分)、granite(灰色部分)
和名
藍銅鉱(らんどうこう)青色部分、花崗岩(かこうがん)灰色部分
組成
Cu3(CO3)2(OH)2
青色、灰色
結晶系
単斜晶系
へき開
一方向に完全
硬度
3
比重
3.8

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座