パワーストーンの品質について①

パワーストーンを扱っているショップなどで、石名の後にA、AA、AAAなど、Aが付いているのをよく見かけます。

このAは、品質を示すものとして使われているのですが、明確な基準があるわけではありません。

といいますのも、お店それぞれで、独自にグレーディングをしているからです。

Aが多いほうが、品質が良いことを表していますが、どのレベルの品質でどれぐらいAを付けるのかは、それぞれのお店での独断であり、共通の品質基準を現すものではないわけです。

例えば、あるお客さんが「AAAの石がほしいです」と、探していたとしましょう。

そのAAAの品質が、お客さんの思っているものと、実際にお店が扱っているものとが同じとは限らないわけです。

ダイヤモンドだけは別で、鑑定する基準があります。

しかしながら、それ以外の石については参考になるものはありません。

Aの数については、あくまでそのお店の中だけで通用する基準です。

やはり石を選ぶ際には、Aの数だけを気にするというのではなく、自分が見て気になるもの、惹かれるものを選ぶようにしていただきたいと思います。