ピータサイト

混乱を鎮め、自分を見失わないよう導く石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピータサイト

ピータサイト パワーストーン意味・効果

ピータサイト画像

ピータサイトのエネルギーは嵐の空模様ような見た目と逆に、混乱や逆風、修羅場の中にあって、自分自身を見失わないように助けてくれます。未来が良い方向へ向かうための予兆を教えてくれる石でもあります。

また、ピータサイトには天上に繋がる要素があるとされ、「天国の扉を開く石」とも言われます。

ピータサイトのヒーリング効果

○混乱の解消
○開運の予兆
○自己コントロール
○困難に負けない

ピータサイトの浄化・お手入れ

水での浄化は避けましょう。

クラスターセージ太陽光月光浴水
×

ピータサイトの主要原産地

ナミビア、中国など

フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

ピータサイトは角閃石の一種で、タイガーアイとホークスアイが生成された後、地表の地殻変動によって細かく砕けたものが、のちにクォーツによって再び固められたものです。
タイガーアイ・ファルコンズアイとは近い存在であり、同様に含まれるクロシドライトと言われる鉱物中の鉄分の酸化具合により青色もしくは黄~茶褐色になるそうです。
タイガーアイは、クロシドライトの繊維が直線的ですが、ピータサイトはうねって形成されているのが特徴です。特に青い色味を発するものは稀少で、さまざまな鉱物が入り乱れ渦を巻いているように見えることから「テンペストストーン(嵐の石)」とも呼ばれます。

1962年にアフリカのナミビアで発見された石であり、名前は発見者のシド・ピータース(Sid Pieters)博士に由来します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Pietersite
組成
NaFe(SiO3)2+混合物
結晶系
単斜晶系(結晶繊維の部分)
硬度
6.5~7

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座