スキャポライト

依存心を取り除き、精神的に自立できるように助けてくれるとされる石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スキャポライト

スキャポライト パワーストーン意味・効果

スキャポライト画像

スキャポライトは、見た目にも水晶系の石と誤認されるほど似ているのですが、エネルギーにも関連性を持つ石です。
黄色(ゴールデン)のスキャポライトならシトリン、紫のスキャポライトならアメジスト…というように、同系統の色を持つ水晶系の石がもつ波長の、さらに一段高いレベルのバイブレーションを持つと言われています。
スキャポライト全体の特徴としては、依存心を取り除いて精神的に自立を促すのだそうです。状況や環境に左右されない強さと、個人の意識の向上を助けると言われています。
人生において羅針盤のような役割を果たし、生きる本当の目的に近づくためのサポート役として有益な石と言えるでしょう。

スキャポライト 石物語・伝説・言いつたえ

スキャポライトは、ギリシア語で柱を意味するScaposと石を意味するLithosから名付けられました。
様々なカラーバリエーションがある石ですが、良質の物を研磨した際には、水晶系の石やトパーズとの見分けが肉眼では困難だったことから、宝石としてはあまり人気を得ることができませんでした。

スキャポライトのヒーリング効果

○依存心を取り除く
○変化への対応を助ける
○判断力を高める
○自分自身の核を認識させる
○人生の羅針盤
○インスピレーションを高める

スキャポライトの色/カラー

無色、白色、黄色、ピンク色、紫色、青色、褐色、灰色、灰黒色

スキャポライトの浄化・お手入れ

クラスターやセージ、月光浴での浄化をおすすめいたします。

クラスターセージ太陽光月光浴水
×
フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

スキャポライトは、カルシウムを含む「メイオナイト(灰柱石)」と、ナトリウムを含む「マリアライト(曹柱石)」の2つが混じり合って、1つの固溶体を形成する鉱物です。
メイオナイト、マリアライトとも、それぞれ純粋な成分のものは発見されてなく、それぞれ20%以上互いの成分を含んでいます。
チューブインクルージョンを含む物も多く、そういったものは研磨するとキャッツアイが見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Scapolite
和名
柱石
組成
メイオナイトCa4[CO3|Al2Si2O8)3]とマリアライトNa4[Cl|(AlSi3(O8)3]の固溶体
結晶系
正方晶系
硬度
5.5~6
比重
2.5~2.74

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座