ピンクトルマリン

人を愛することに自信を与えてくれる石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピンクトルマリン

ピンクトルマリン パワーストーン意味・効果

ピンクトルマリン画像

ピンクトルマリンは愛情に満ちた石であり、ハートチャクラに強く働きかける石と言われています。

自分自身を信じ、人を愛することの大切さや、その表現方法を潜在意識レベルで教えてくれるそうです。
また心に深く残った、愛の歪みを原因とする傷を癒してくれる石でもあります。

ピンクトルマリン 石物語・伝説・言いつたえ

トルマリンは和名を『電気石』と言います。その名前の通り、石の両端にプラスとマイナスの電極をもち、加熱することにより静電気を帯びます。

ピンクトルマリンのヒーリング効果

○ハートチャクラに働きかける
○心の傷を癒す
○愛に満ちた表現方法を、潜在意識レベルで教える
○意思を強める
○思いやりの心を強める

ピンクトルマリンの色/カラー

ピンク色

ピンクトルマリンの浄化・お手入れ

どの浄化方法にも適しております。

クラスターセージ太陽光月光浴水

ピンクトルマリンの主要原産地

ブラジル、アメリカ、タンザニアなど

フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

トルマリンの赤色の発色要因は、含有するマンガンイオンによって生じます。このマンガンイオンが多いと、ルベライト(赤いトルマリン)となり、少ないとピンクトルマリンとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Pink Tourmaline
和名
電気石
組成
XY9B3Si6O27(Xの位置にはCa、Na、K、Mnが、Yの位置にはMg、Fe、Al、Cr、Mn、Ti、Liが入る)
結晶系
六方晶系(三方晶系)
硬度
7~7.5
比重
3.03~3.31

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座