ブレスレットをつける手は左手?右手?

結論から申しますと、どちらかと言えば左手の方がオススメです。

重要なのは「どちらかと言えば」という部分です。基本的にはどちらに着けても良いと言えます。

ではなぜどちらでもいいのでしょうか?そのまえに、なぜ基本的には左手着用をオススメしているかということの理由をまずはご説明させてください。

なぜ基本は左手?

人間の体は脳に対して神経が体の逆側に、つまり左手は右脳に繋がり、右手は左脳に繋がりといった構造になっています。左手や左足を動かすのは右脳を使い、右手や右足を動かすのは左脳ということです。

パワーストーンから受け取るエネルギーは非常に右脳的な要素が強いです。その為、左手につけることで右脳的なエネルギー要素が直接的に右脳に繋がります。
だから左手の方が良いですよ♪という理由が一点。

もう一点は、左手がエネルギーを受け取る方の手であると言われていることからです。

例えば、一般的な仏像の手の部分を見ると分かるのですが、多くの仏像の手は左掌が上、そして右掌を前へ向けている場合が多いのです。これは左手で宇宙からの力を受け取り、右手でその力を皆に分け与えるという言われからそうなっているそうなのです。

つまり左手と言うのは、非常に受容的要素が強いと言うことが言えるのかもしれません。

左手、右手どちらでもOK!

では、そういう理由がありながらも、どちらの手でも良いと言う理由について説明します。

例えば、ブレスレットを「右手に着けたい!」と思っているとします。(左利きだからとか、仕事上……とかいろいろ理由はあると思いますが)

ご自分が右手に着けたいと思っているのに、我慢して左手につけていると、心のどこかで「我慢している」という思いが離れない為、その「我慢しているというネガティブな思い」が石に伝わってプログラミングされてしまう場合があるのです。

この場合、我慢しながら左手に着けるより、心地よく右手に着ける方がエネルギー的にも良いということになります。

石に対する思いが重要

ほかの例で言うと、男性の方で、時計を左手にしているので同じ手にブレスレットをすると、石が傷つかないだろうかという心配があります。実際には、アンバー、アラゴナイトなどの柔らかい石はどうしても傷がつきやすいのですが、ほとんどのある程度以上の硬度を持つ石だと、時計とこすれたくらいではそう傷は付きません。ですが、石を大切に扱おうと思っている人にとっては、気になることでしょう。

その心配は、「石に対する愛」、つまりポジティブな思いです。ですので、もしそういった理由で、右手(時計をしていない方の手)に着けたいと思われるなら、右手に着けた方が良いという訳です。

石を選ぶときも身につけるときも、大事なことは、石が好きだと感じる気持ちなのです。

なので、大まかなガイドライン的なものはあっても基本的に、こうしなければならないといったルールや束縛はありません。石に対しての愛の気持ちと、自分自身の前向きな思いが、自分自身と石の間にエネルギーのラインを作るのです。

なので、もし、夏にブレスレットをいっぱい着けていてかぶれちゃった。かゆいけど着けておいた方が良いでしょうか?のような時は、外しておいた方が良いと思います。ポケット等に入れておいても良いですし、我慢してつけるということはしないで良いです。あくまでもベースは楽しむことが基本ですので!

さらに言うと、ある程度エネルギーが繋がって自分のものになった石は、身につけていなくても、ある程度エネルギーの影響を受けることができるんです。

でも、手首が汗もなどでかぶれていても「ブレスレットを着け続けたい!」と思う方は、素晴らしい愛だと思います。それだけその石を愛しちゃってるわけですから!

※手首以外の場所に関してはアクセサリーを着ける場所によるエネルギーの違いや、リングを着ける指によるエネルギーの違いもご参考にしてください。