ジェムシリカ

愛と思いやりの循環をもたらす石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジェムシリカ

ジェムシリカ パワーストーン意味・効果

ジェムシリカ画像

ある意味女性性の究極のような部分を持つ石です。
大地の持つ育み、慈しみ愛しむ力、そして私達が住むこの世界において、全ての物が何がしかの繋がりを持ち、自分自身が愛や思いやりを発していくことで、愛のエネルギーの循環が始まり、自他共に愛され、癒されるプロセスが始まるということを感覚的に教えてくれる石です。

ジェムシリカの持つ癒しの力は愛に満ちており、肉体的、エネルギー的ストレスを浄化し、清らかなエネルギーに変換して状態を好転させる助けとなってくれます。

ジェムシリカのヒーリング効果

○愛に満ちた癒し

○女性性を高める

○安産のお守り

○愛と思いやりの循環をもたらす

○自己表現

○ストレスで疲れた心を癒す

○忍耐と謙虚さを持つ

ジェムシリカの浄化・お手入れ

基本的には、クラスターやセージでの浄化がおすすめです。

クラスターセージ太陽光月光浴水
××

ジェムシリカの主要原産地

アメリカなど

フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

ジェムシリカは、クリソコラに珪酸溶液が染み込んで珪化したもので、アゲート(瑪瑙)ほどの硬さを持ちます。クリソコラは不透明な石ですが、ジェムシリカ は、不透明~半透明な石になります。正式には、シリシファイド・クリソコラ(Aikicified chrysocolla 珪化されたクリソコラ)と呼ばれるものですが、その中でも特別美しいものをジェムシリカと呼んでいます。

透明度が少し低いものを「クリソコラ・カルセドニ」、透明度が低いものを「クリソコラ・クォーツ」、縞模様があるものを「クリソコラ・アゲート」と呼び分けたりもします。

アメリカのアリゾナ州やペルーの限られた地域でしか産出されない稀少な石です。

結晶の美しいものはまるで妖精を思わせるような愛らしさで多くの愛好家を持つ石です。

加工品として流通することは稀で、良質なものは通常「宝石」としての扱いを受ける石です。

ジェムシリカ(クリソコラ)と似た石には、マラカイトやアジュライトなどがあります。また、クリソコラに[シャッタカイト、マラカイト、スモーキークォーツ]などのいろいろな成分がまじって珪化した、クオンタムクワトロシリカという石もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Gemsilica
和名
珪孔雀石(けいくじゃくせき)
組成
Cu4H4[(OH)8 | Si4O10]・nH2O
結晶系
斜方晶系
硬度
7
比重
2.8~3.2

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座