ピンクオパール

愛される要素を高める石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピンクオパール

ピンクオパール パワーストーン意味・効果

ピンクオパール画像

甘さが伝わってきそうなミルキーピンクカラーに幸せなイメージを抱いてしまう方はとても多いと思います。ピンクオパールは、女性にとって幸せのイメージを形にしていく為にとてもオススメな石の一つです。

ピンクオパールは最も女性性を強く象徴する石の一つで、女性ホルモンの分泌を高めると言われます。
その事から女性にとっては美容効果を高めたり、更年期障害などにも良い影響があるとされます。
それだけでも十分に魅力的に思えるのですが、ピンクオパールは愛情に満ちた自己表現力を高め、自分自身の内在する魅力をもっと前に出せるようにサポートしてくれます。
ピンクオパールは、女性なら誰もがあこがれる「愛され力」を高めてくれる石と言えます。

そしてもう一つ面白いのは、この石が男性にとっては浮気の防止やマザコンなどの解消に多少ですが効果を持つという事です。それらの行為は男性の中で 女性性の欠乏から起こる場合がある為、女性性そのものであるピンクオパールを持つことで、潜在意識下の欲求が緩和されるのだそうです。

全体的にオパールは幸運を呼ぶ力とクリエイティビティーを高める力が強く、それはこのピンクオパールにもしっかりと当てはまるようです。

ピンクオパールのヒーリング効果

○芸術性の象徴
○愛される要素を高める
○更年期障害の緩和
○男性の浮気性を抑える
○感受性を高める
○幸福感を高める
○安産
○美容や美しいものを作る仕事に

ピンクオパールの色/カラー

色彩は、ピンク色。

ピンクオパールの浄化・お手入れ

クラスター、セージ、月光浴、水での浄化に適しています。
感想や衝撃に弱いため、取扱いには多少注意が必要です。

クラスターセージ太陽光月光浴水
×

ピンクオパールの主要原産地

オーストラリア、メキシコなどから産出します。

フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

同じオパールでも虹色に輝く宝石質のオパールとは違い、コモンオパールという輝かない種類のオパールに分類されます。
宝石質のオパールと比べると安価なのですが、産出の減少により年々高騰しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Pink Opal
和名
蛋白石(たんぱくせき)
組成
SiO2・nH2O
結晶系
六方晶系(三方晶系)
硬度
5.5~6.5
比重
1.9~2.2

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

この石を使った効果的な組み合わせ

小悪魔度をUP

ピンクオパール

ルビー

産後のストレスやイライラを解消

ピンクオパール

ローズクォーツ

安産のお守り

クリソコラ

ピンクオパール

お互いの関係を安定させる

ラリマー

ピンクオパール

カルセドニー

浮気防止

オニキス

ピンクオパール

幸せの力の相乗効果で魅力アップ

ピンクオパール

インカローズ(ロードクロサイト)

今の関係をより強く、深くする

ラリマー

ピンクオパール

家族愛と調和を深める

アメジスト

ピンクオパール

子育てで受ける心身のダメージを癒す

クンツァイト

ピンクオパール

明るさと愛され度を高める

ピンクオパール

ムーンストーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座