ギベオン

価値観を変容させる助けとなる石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギベオン

ギベオン パワーストーン意味・効果

ギベオン画像

ギベオンを含め、隕石は全般的に地球のコアへ向かうような引力を持つようで、実際の重さよりも手に持った時に重く感じるようです。
これはやはり隕石、鉄隕石が地球に引かれて落ちてきたことと関係が深いのだと思われます。
ギベオンは価値観の変容を促し、新しい段階へ魂のレベルがシフトしていくのを助ける石です。
ただ、宇宙に繋がる力も持っていますが、大地にしっかりとエネルギーを繋げるような力を持ち、非常に強いグラウンディングの石でもあります。
意思を強め、地に足を着けてしっかりと物事を進めていく助けとなります。
物事の継続、問題解決能力を高め、自己認識レベルを高める助けとなってくれます。
そのような意味において、ギベオンは経営者などにとてもおすすめの石といえるかもしれません。

有名な時計ブランドであるロレックスもギベオンを取り入れた時計を販売していたりと、隕石の中では比較的有名で人気の高い石になります。

ギベオンのヒーリング効果

○グラウディング
○新しい段階へシフトする
○意思を強くする
○新しい環境への順応
○価値観の変容
○物事の継続を助ける
○地に足を着ける石
○認識力、問題解決力を高める

ギベオンの色/カラー

色彩は、シルバー。

ギベオンの浄化・お手入れ

全ての浄化方法に適しています。

クラスターセージ太陽光月光浴水

ギベオンの主要原産地

ナミビアから産出します。

フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

ギベオンは、1936年にナミビア共和国(アフリカ南部)のギベオンというところで発見された、主に鉄とニッケルから成る鉄隕石(メテオライト)です。
約4億5千万年前に地球に落下したと考えられています。
日本では、隕石は天意を表すため、ご神体となったり、神事や祭事などで使われてきました。

ギベオンと言えばウィドマンシュテッテン構造と言われる、神秘的な模様が特徴ですが、これはニッケルと鉄の混合物が300~900℃で 100,000気圧という環境、つまり惑星の中心部のような環境化で100万年かけて数度温度が下がる過程において、鉄とニッケル成分が分離をはじめま す。
その結果、研磨したギベオンを酸につける事で、溶け具合の差で模様ができます。
これがウィドマンシュテッテン構造と呼ばれる模様なのです。
この酸につ ける手法をエッチングと呼ぶのですが、このウィドマンシュテッテン構造こそが、ギベオンが地球外、それもおそらくは星の中心的環境下において生成されたも のだといわざるをえない理由となっています。

ギベオンを含め、鉄隕石は実際に量りなどで測る重さよりも持った時に重く感じるそうです。
これはやはり隕石が地球に引かれて落ちてきたことと関係が深いのだと思われます。

基本的に主成分が鉄である為、錆を防ぐ為に一般的に加工品にはロジウム等でコーティングされます。
同じ隕石(メテオライト)では他に、カンポ・デル・シエロが知られています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Gibeon
組成
鉄とニッケル

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座