カバンサイト

宇宙的な情報、意識と繋がる石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カバンサイト

カバンサイト パワーストーン意味・効果

カバンサイト画像

カバンサイトは鮮やかなブルーとこんぺいとうを思わせる可愛らしいシルエットがコレクターに人気の石です。

主要成分であるカルシウム、バナジウム、シリコンの頭文字を繋げたものがその名の由来です。

カバンサイトは壊れやすいため加工が難しく、研磨等には不向きですが、原石をそのまま活かした状態でアクセサリーとして身に付ける人もいます。

カバンサイトのエネルギー特性は、数ある石の中においても最も宇宙的な情報、意識と繋がる石の一つと言えるでしょう。
また心理的な圧迫感や強迫観念を取り除き、精神の状態をクリアに保つのに有用な石でもあります。

カバンサイトのヒーリング効果

○想像力を高める
○発想力を高める
○宇宙からの情報をアンテナ的に受け取る
○強迫観念や心理的圧迫感を取り除く
○悲しみやトラウマなどを癒す

カバンサイトの色/カラー

色彩は鮮やかな青色。

カバンサイトの浄化・お手入れ

クラスター、セージ、月光での浄化に適しています。硬度が低く、傷つき易いので取り扱いには注意しましょう。太陽光や、水での浄化は避けましょう。

クラスターセージ太陽光月光浴水
××

カバンサイトの主要原産地

インドなどから産出します。

フォーチュンブレス,個別ページ,タイトル下

鉱物学

カバンサイトは、針のような結晶が放射状に伸びることによって、この形を形成しています。
1973年に、初めてアメリカ・オレゴン州で小さなカバンサイトが発見されました。翌年インドで更に大きな結晶のものが発見されたのですが、その後ぱったりと産出されなくなり、長い間カバンサイトは「幻の鉱物」とされてきました。しかし、20世紀も終わるころにインドのプーナで晶洞が発見され、再び手に取ることができるようになりました。この土地は非常にバナジウム濃度が高く、最初に発見されたものよりも青みが強いのが特徴です。同じくこの地域で採れるアポフィライトも、バナジウムの影響で青みがかった色をしています。

今現在、カバンサイトが採れる場所はここしかなく、その美しい色合いからコレクターにも人気の石であるため、非常に稀少な石となっているのですが、未だに産出され続けているので、比較的手に取り易い値段で購入することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉱物学データ

英名
Cavansite
和名
カバンシ石(かばんしいし)
組成
Ca(V4+O)Si4O10・4H2O
青・水色
結晶系
斜方晶系
硬度
3~4
比重
2.2~2.3

フォールスネーム

フォールスネームなし

そっくりさん

そっくりさんなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンナビゲーター短期養成講座